2012年05月23日

カルチャーカフェ・獨協「ホントにあった?中国のコワい話」第4回「キョンシーは実在するか?〜中国の死体搬送術〜」(Part3) #姫路

 えぇと、またも更新が滞ってしまいました。全国2900万の当ブログ読者の皆様(減ってるよ)、その後いかがお過ごしでしょうか。

 日曜日の二胡発表会は、おかげさまでつつがなく終了しました。「空山鳥語」独奏は、まぁ練習通りというか、練習以上のことはできないというか、ともかくなんとか弾きとおしました。師匠いわく「後半はよかったが、前半は残念だった」ということで、前半のお言葉のみ心にとめておきたいと思います。しかし、(演奏レベルはともかく)劉天華の曲にチャレンジしたのがよかった(?)ようで、終了後の打ち上げでは、ほかの発表者の方々から、「来年も劉天華の曲に挑戦するんでしょう」と、えらくプレッシャーをかけられました。そういうわけで、来年は欠席の方向で(ぉぃ)

 さて、もう遠い過去の話になってしまったような気もしますが、カルチャーカフェ・獨協「ホントにあった?中国のコワい話」第4回「キョンシーは実在するか?〜中国の死体搬送術〜」の、続編でございますよ。

 前回は、中国版ゾンビ、「キョンシー」について、簡単に紹介しました。今回は、古典に登場する「キョンシー」(といっていいかどうか)を、いくつかご紹介しましょう。まずは、宋末の周密(しゅうみつ)が著した雑記『斉東野語(せいとうやご)』から、「宜興梅塚(ぎこうのうめづか)」でございます。

 わたし(周密)の親戚で、宜興県を治めていたという者がいた。県の役所の前に、美しい紅梅が一本生えており、春になると、半畝(ムー、一畝は約666平方メートル)ほども広がった枝に、美しい花を満開に咲かせるのだった。趙は花の季節になると、客人たちをその梅の樹の下でもてなした。
 ある日のこと。宴会も果てた夕方、月明かりの下、一人で花の下を歩いていると、赤い着物の楚々とした娘が、すっと前を通り過ぎた。おやっと思い、後をつけてみたが、数十歩も歩くと、すぅっと姿を消した。
 それから彼はなにか呆けたようになってしまった。まるで娘が目の前にいるかのように、歌を歌ったりしゃべったり、そうかと思うと一日中座り込んで動かなかったりという状態で、家族は心を痛めていた。
 それでもたまに正気に戻ることもあった。ある老兵士、心当たりがあり、正気に戻った趙に打ち明けた。
「以前ここで知県をしていた某には美人の娘がいたのですが、若くして亡くなってしまいました。知県の家ははるか遠くの湖南なので、やむなくこの地に埋葬し、あの紅梅を植えて目印にしたのです。先日の夜に会われたのは、この娘ではございませんか?」
 そこで、趙は梅の樹の下を掘らせてみた。すると、樹の真下に、根っこに絡みつかれた棺が見つかった。棺材はわずかに傷んでいるだけで、蛇や鼠が出入りするような、銭ほどの大きさの穴が開いている。棺を開けてみると、かの娘の屍体が出てきたが、その顔は玉のごとくつやつやとしており、衣服や装飾品も全く傷んでいない。まさに国色である。趙はこれを見ると、すっかり魂を奪われてしまい、周りが止めるのも聞かず、屍体をかついで奥の部屋に運び込んだ。
 布団に寝かせると、四肢も柔らかく、ふつうの「僵屍」とは全然違う。そこで趙は、毎晩彼女と寝床を共にするようになった。そのうち体が弱ってきて、痩せさらばえて仕事にも差し支えるようになった。家人は隙を見て壁に穴を開け、死体を取り出して燃やしてしまったが、趙は病気になり死んでしまった。


 以前ご紹介した「牡丹燈記」「連瑣」のように、若くして亡くなった女性の霊が、生きている男性と恋仲になる話は多いのですが、この「宜興梅塚」は、女性の霊(と思しきもの)は最初にちらっと現れるだけで、あとは掘り出された屍体と男の恋愛(?)です。もっとも、この話は趙さんの行動を第三者的な視点から描いているので、趙さん自身には、娘の霊がずっと見えていたのかもしれませんが。
 そして死者と生者が交わると、生者のエネルギーが死者に奪われていき、場合によっては死に至ることもあるのです。これは、死者の持つ「陰」の気が、生者の持つ「陽」の気を引きつけることによるそうで、「連瑣」では死者である連瑣もそのことをわかっており、生者である楊于畏を傷つけないため、同衾を拒んだのですね。いっぽう、「牡丹燈記」の符麗卿や、今回の「宜興梅塚」の娘などは、積極的に男に近づき、「陽」の気を吸い取ろうとするのです。

 まぁ積極的にといっても、彼女たちの肉体(屍体)はもちろん動きませんので、霊魂で姿を見せることで、男たちを引き寄せます。ところが清代になると、屍体そのものが積極的に(?)動いて生者を追いかけるようになるのです。このお話については、また次回の講釈で。今度はいつ更新かな…
posted by TMR at 09:53| Comment(0) | 講座

2012年05月10日

カルチャーカフェ・獨協「ホントにあった?中国のコワい話」第4回「キョンシーは実在するか?〜中国の死体搬送術〜」(Part1) #姫路

 このところ荒れる天気が続いております。筑波で竜巻が発生したり、今日は関東で雹が降ったり、天変地異の前触れでしょうか。現実がこう怖くなってくると、コワい話もしにくくなりますが、そのあたりは気にしないようにしつつ、今日も元気に(?)参りましょう。

 これまでのコワい?話は、おおむね幽霊、すなわち死後の魂が関わるものが多かったと思います。(まぁ、神話伝説に出てくる怪物とか、『聊斎志異』「画皮」の化け物とかもいましたが)
 今回のカルチャーカフェ・獨協「ホントにあった?中国のコワい話」第4回「キョンシーは実在するか?〜中国の死体搬送術〜」は、その魂がぬけてしまったあとの身のほう、つまり屍体が主人公(?)でございます。なにせ屍体のくせに動き回りますから。

 動く屍体、といえば、有名なのは「ゾンビ」ですね。ホラー映画や小説、ゲームなどに登場し、ふらふらと歩き回りながら人間を襲う屍体です。1970年ごろから、ゾンビ映画がブームとなって、大量のゾンビ映画が作られるようになり、日本でも次から次へと公開されました。このブームに目をつけたのが、当時の香港映画界。1980年頃から、やはり「動く屍体」を登場させるホラー映画を作り始め、1985年公開のホラー・コメディ(原題は「殭屍先生」)が大ヒット、翌年には日本でも公開され、これまた大ヒットを記録したのです。



 このとき、日本の配給会社のスタッフが、映画に登場する動く屍体に、「キョンシー」と命名しました。「ゾンビ」とは違うぞ、というわけですが、どこが違うのでしょう?それは、ゾンビは何らかの原因(宇宙線とかウィルスとか)で屍体が動きだし、人を襲うのですが、キョンシーは基本的には道士によってコントロールされ、動かされる屍体だ、ということです(そのコントロールがはずれ、屍体が暴走することで、映画が成立するのですが)。また、ゾンビはおおむね生前のままの服装ですが、キョンシーは中国最後の王朝、清の時代の官吏の服装である、という点も、キョンシーがゾンビとは異なる点です。

 では、キョンシーとはいったいなんなのか? まずは、その名の由来から見ていきましょう。
 映画「幽幻道士」、香港での原題は「殭屍先生」でした。「殭屍」(きょうし、「僵屍」とも書く)は硬直した屍体を意味し、「殭屍先生」は殭屍になった先生殭屍をコントロールする道士のことを指しています。で、この「殭屍」、香港での発音が「ゴンシー」のような音だったので、配給会社のスタッフがその音に近い「キョンシー」を呼び名にした、というわけです。

 さて、この「殭屍」は硬直した屍体、つまり死後硬直を起こした屍体をもともとは意味する言葉でした。屍体は死後硬直を起こした後、徐々に腐敗して土に帰るものですが、死後防腐処置を施されたり、置かれた環境によって腐敗菌の繁殖が抑えられたなどの理由で、中には腐らず、そのままの姿で残ることもあったようです。そのような屍体も、「殭屍」と呼ばれるようになりました。例えば、南朝宋(420〜479)の劉敬叔(りゅうけいしゅく)が著した志怪の書、『異苑』にこのような記述があります。

 
京房(けいぼう)の遺体は、義熙(東晋の年号、405〜418年)の頃になってもまだ腐らずもとのままであった。「僵屍」の肉は薬になるというので、兵士たちはその肉を切り分けた。


 京房(紀元前77〜紀元前37年)は前漢時代の学者で、皇帝に徴用されましたが、大臣たちに疎まれて、機密漏洩の罪を着せられて処刑されてしまいます。古代中国では、一般的な死刑は「棄市」といい、市場で公開処刑して、屍体はさらし者にします。そのまま400年以上たっても腐らなかったということで、立派な「殭屍」になっていたのでしょう。熟成されて薬効もありそうですが、お味のほうは…考えないことにしましょう。

 そしてキョンシーが着ている衣服ですが、これは中国の葬儀と関わりがあります。中国の伝統的な葬儀は、以下の手順で行われます。

@遺体を洗い清め、「寿衣」を着せる
A三日目に頑丈な柩を用意し、納棺する
B七日ごとに僧侶や道士に読経を依頼する
C一定期間自宅に安置して供養した後、出棺して郊外の墓地に埋葬する


「寿衣」(じゅい)とは死装束のことですが、日本の死装束はたいてい白い装束で、これは巡礼者の服装とも言われます。死出の旅に出るための衣装、ということでしょうが、中国の「寿衣」は全く違っていて、高級な生地にあざやかな刺繍が施された、まことにきらびやかな衣装です。
shouyi.jpg

寿衣の例(左が男性用、右が女性用)
(香港の葬儀社「宝福号」HPより)


 これは、死後も生前と同じ(あるいは生前よりよい)暮らしができるように、という遺族の願いを込めたもののようです。ですから、中国の葬式では、死者が生前使っていた道具を墓に入れたり、「紙銭」(しせん)を燃やして、あの世でお金に困らないようにするなどの風習があります。キョンシーが来ている清代の官吏の服装も、そのような願いが込められたものなのです。

 では、古代中国の「キョンシー」はどのようなものだったのか? それはまた次回の講釈にて。
posted by TMR at 22:38| Comment(0) | 講座

2012年05月06日

カルチャー・カフェ獨協「ホントにあった?中国のコワい話」第3回「コワい?中国の怪談〜明清の怪異譚〜」(Part3) #姫路

 驚きの一日二回更新!…いや、今朝投稿したのは、ほんとうは昨晩投稿する予定のものだったんですが、投稿する前に睡魔に襲われました。
 しかし昨日、今日の月は「スーパームーン」とやらで、やたら大きく明るいですね。今日の七時頃に外を歩いていたら、ちょうど月の出のときで、東の空に赤い巨大な月が浮かんでいるさまは、デス・スター出現?!とびっくりしました。

 …閑話休題、カルチャー・カフェ獨協「ホントにあった?中国のコワい話」第3回「コワい?中国の怪談〜明清の怪異譚〜」の続き、でございます。

 前回は、化け物が美女の皮をまとって男をたぶらかし、心臓を奪うホラー&スプラッターなお話をご紹介しました。
 今回は、前回とは打って変わって(?)、人を怖がる幽霊のお話を紹介しましょう。『聊斎志異』から「連瑣(れんさ)」でございます。

 楊于畏(よううい)という男、とある河のほとりの家に引っ越しました。この家の書斎は荒れ野に面していて、荒れ野には古い墓があちこちにあり、夜になると風が吹いて白楊の枝を揺らして、なんとも寂しいところでした。ある晩、楊がその書斎でぼんやり坐っていると、荒れ野のほうから、なにやら歌声が聞こえてきます。

 闇の夜に荒風の  吹きすさび
 蛍火は流れいき  草の葉や窓幕にとまる


(歌の訳文は増田渉・松枝茂夫・常石茂訳『中国怪異譚 聊斎志異』第2巻、平凡社ライブラリーより)


 くりかえし歌うその歌声は、女の声のようですが、かぼそく寂しげで、楊はなんとも不思議に思います。
 次の晩も同じように歌声が聞こえてきたので、楊は腰掛けを持ち出して、それに登って塀の外をのぞいてみたところ、歌声はぴたっと止んでしまいました。これは亡霊に違いないと思ったものの、楊はその寂しげな歌声が忘れられなくなってしまいました。

 その次の晩、楊さん今度は塀の上に這いつくばって、歌声がするのを待ち構えます。すると、夜も更けたころ、一人の女が草むらの陰からふわりと現れると、寂しげな声で歌い出すではありませんか。しかし楊さんうっかり咳払いをしてしまい、女はあわてて草むらに隠れてしまいます。
 楊はしばらく待っていましたが、女が姿を現さないので、さきほどの歌に続きの歌詞をつけて歌ってみます。

 この胸の悲しき思い 何人のしりたもうかや
 ころも手のただ冷たくて 月しろの昇るを見つつ


(歌の訳文は同上)


そしてしばらく待ってみましたが、なんの音沙汰もありません。あきらめて書斎に戻ると、つと女が入ってきて、丁寧にあいさついたします。
「つい怖がってしまいましたが、あなた様は風流なお方ですのね」
見ると痩せ細ってなよなよと弱々しく、寂しげな姿。楊が身の上を尋ねると、女は答えました。
「わたくしは甘粛の生まれです。父親に連れられてあちこち渡り歩き、十七歳の時にこの地に来て、急病で死んだのです。もう二十年も前のことです。それ以来、やりきれない寂しさに、夜ごとあの歌を歌っておりました。でもどうしても続きがつくれなかったのですが、今日はからずもあなた様に続けていただいて、うれしゅうございます。」
 楊さんすっかりうれしくなって、女に一緒に寝ようと言い寄りますが、女、「わたくしはあの世のもの、生きた人と一緒に寝たりすれば、その人の寿命を縮めてしまいます」と断られてしまいました。でも女はそれから毎晩楊のところに遊びに来て、詩を論じたり楽器を弾いたり、囲碁をしたりして楽しく遊ぶようになりました。

 そんなある日、楊の友人の薛(せつ)という男が訪ねてきます。楊は昼寝中でしたが、薛はかまわず上がりこみ、部屋の中を見回すと、琵琶やら碁盤やら詩を書き付けた紙束やらが置いてあります。楊の奴はこんなものに興味を持ったことなどなかったはずと、怪しんだ薛は、楊を起こして問いただします。楊は借り物だといってごまかしますが、薛が紙束をパラパラめくると、最後に女の字で「某月某日、連瑣書」と書いてあるのを見つけてしまい、楊もごまかしきれなくなりました。
 薛は楊から事の顛末を聞くと、連瑣という女に会ってみたいと言ってききません。薛が帰った後、楊は連瑣に事情を打ち明けると、連瑣は怒って「しゃべってしまうなんてあんまりだわ、しばらく来ませんから」といって帰ってしまいました。

 その翌日、薛は友人二人を引き連れて楊の家を再訪すると、夜通しドンチャン騒ぎで連瑣が現れるのを待ち受けます。そうして何晩も過ぎましたが、女はいっこうに現れず、薛たちもそろそろ飽きてきました。と、外からかすかな歌声が聞こえてきます。なんとも寂しげで胸に迫る歌声でしたが、薛の友人のという荒武者、やおら大きな石をとって外に投げつけると、「いい加減にせい。メソメソ気詰まりな歌だわい」とわめきます。歌はすぐに止んでしまいました。皆は王を叱りますが、後の祭り。

 その二日後、友人たちも退散してガランとした部屋で、楊がぼんやりしていると、連瑣がやって来ました。泣きながら、「わたくしとても怖かったわ、もうわたくしたちの縁もこれきりですわ」と言うと、楊が引き留めるのも聞かず、立ち去っていくのでした。楊はすっかり落ち込んでしまいます。

 それから一月ほどもたったある晩、楊が一人で酒を飲んでいると、部屋の帳が開いて、すっと連瑣が入ってきました。楊は大喜び、でも連瑣は涙を流すばかりです。楊が何度も尋ねると、ようやく口を開いて、「どこかの役所の薄汚い用人が、わたくしを妾にすると言うのです。どうかお助けを」と打ち明けました。楊は怒るまいことか、相手を殺してやると息巻くと、彼女は明日夢の中で迎えに来ると言います。
 翌日、楊は早くから寝ていると、連瑣が迎えに来て、楊に刀を渡し、ある建物に案内します。しばらく待っていると、戸を叩く音。「あの男が来ました」と彼女が言うや、楊は扉をぶち破って男と対峙します。楊が斬りかかると、男は石を拾って雨あられのごとく投げつけてきました。その一つが楊の手に命中、楊は刀を落としてしまいます。まさに絶体絶命、そのとき遙か向こうに、一人の男が弓で狩りをしているのが目に入ります。よく見れば荒武者の王、楊は大声で呼びかけると、気づいた王は弓を引き絞ったまま駆けつけ、敵の男に矢を射かけ、男はどうと倒れました。
 楊は喜んで王に礼を言います。王も先だっての非礼の詫びができたと喜び、戻っていきました。

 翌日、楊が目を覚ますと、右手が腫れています。間もなく王がやって来たので、昨日のことを話すと、自分も不思議な夢を見たが、本当にあったことだったのかと、不思議がっております。王はもう一度女に会わせてくれるよう頼みますが、女は王がコワイので、楊にお礼の短剣を預け、王に渡させました。

 それから女はまたもとのように、楊のもとに通うようになりました。そうして数ヶ月もたったある晩のこと。女は楊の顔を見ては笑いながら、顔を赤らめてばかり。楊がどうしたのかと何度も尋ねると、ようやく「あのね、できちゃったの」いや、「わたくし、こうして長い間愛していただき、陽の気を受けてきたため、もう少しで生き返ることができそうです。でもそのためには、あなた様の精気が必要なのです」というのです。
 楊は「なんだ、そんなことぐらい」と笑って言うと、一晩を共に致しました。
 それから女は、楊の血を一滴もらうと、「もうここには参りませんが、百日たって、わたくしの墓の前の木に青い鳥が止まって鳴いたら、すぐに墓を掘り起こしてください。早すぎても遅すぎてもいけませんから」と言い置いて、立ち去りました。

 そして百日後、楊は女の墓に行くと、木の上で青い鳥が鳴き始めました。それっと墓を掘り起こします。棺はもう朽ちていましたが、女の体はまるで生きているかのよう。着物にくるんで家に連れ帰り、寝台に寝かせておくと、やがて息をし始め、夜半になって甦りました。
 その後、女はいつも楊に言うのでした。「あの十何年間は、まるで夢のようでした。」

 …人間を怖がる幽霊、という逆転の関係が、女の幽霊をかわいらしく見せているようです。しかし、幽霊といっても、属する世界(?)が人間と違うだけで、思考方法も行動様式も、人間と変わらないあたり、中国人の死後の世界に対する考え方が表れているようですね。以前紹介した六朝志怪で、「無鬼論」を論破しようとして失敗した鬼(幽霊)も、最初から実体をさらして幽霊の存在を証明するのではなく、あくまで論理で証明しようとしたあたり、人間らしさ(?)がありました。(論破に失敗して、最後には正体をさらすんですが)

 さて、次回も幽霊話ですが、これまた妙に人間じみた幽霊が登場します。ではでは。
posted by TMR at 23:40| Comment(0) | 講座