2013年09月10日

獨協講座(秋・冬)受講者の募集はじまりました

や、どうも。また二週間ほど間が空いてしまいましたが、素知らぬ顔で更新したいと思います。

本学開催の「獨協講座(秋・冬)」の受講者募集が始まっております。今回は外国語講座、教養講座、健康講座、音楽講座あわせて15講座が開講されます。詳細は以下のリンクをご覧ください。

獨協講座(秋・冬)受講者募集!


で、私もいくつか担当させていただきます。今回担当するのは、以下の4講座。

「酒と中国文化」(10/9・16・23)
「酒は天の美禄なり」・・・漢代の歴史を記した『漢書』の中にもこのように称される通り、酒は古代から中国人の生活になくてはならないものでした。長い歴史を持ち、国土も広大な中国では、各地で各時代にさまざまな酒が造られ、愛されてきました。本講座では、酒と中国文化とのかかわりについて、お話しします。

第1回  酒を発明したのは誰か?−中国の酒の歴史
第2回  「君まさに酔人を恕すべし」−酒と中国文学
第3回  「酒は百楽の長」−中国の酒の飲み方


「播磨の偉人/異人たち」
(11/6・13・20・27)
播磨の地は、古代から日本の中心であった畿内の西隣にあり、畿内と西国との交通の要衝として栄えてきました。そして、畿内の政治動向とは一線を画しつつ、京の先進文化を取り入れ、独自の発展を遂げてきた地域なのです。その独自性は、さまざまなすぐれた才能を持った「偉人」や、ユニークな個性と経験を持った「異人」たちを生み出し、またさまざまな「偉人/異人」をこの播磨の地に引きつけてきたのです。この講座では、江戸時代を中心に播磨の地で暮らした「偉人/異人」について紹介します。

第1回  戦国末期を駆け抜けた豪傑−後藤又兵衛
第2回  海外に渡った播磨人−天竺徳兵衛とジョセフ・ヒコ
第3回  悲劇の女性たち−お菊・お夏・高尾太夫
第4回  幕末の漢詩人と中国文人との知られざる交遊−河野鉄兜と沈浪仙(この回のみ本学国際交流センター教授の石暁軍先生が担当されます)

「十二支と年越し(午年編)」(12/4・11・18)
来年、2014年は午年。「午」と書いて「うま」と読みますが、なぜ「午」が「うま」になったのでしょうか。今年の干支である「巳」もなぜ「へび」なのでしょう?十二支と動物の関係は、いったいどういうものなのでしょう。 この講座では、干支と動物の関わり、とくに今年と来年の干支である「巳」と「午」について、いろいろなエピソードを織り交ぜつつお話します。また、干支の発祥地である中国では、どのように年越しをするのか、今回は外国人の目から見た中国の年越しの風習について、お話します。

第1回  蛇の道は「巳」?−干支と動物の関係
第2回  人間万事塞翁が馬−馬と人のかかわり
第3回  過年好!−外国人がみた中国の年越し

「トラベル中国語」(1/7・14・21・28、2/4)
これから海外旅行に行って、現地のことばでコミュニケーションしたいけど、ちょっと自信がない、という方のための、実践会話を中心とした講座です。空港、ホテル、ショッピングなどさまざまな場面で役に立つ、実践的な会話レッスンを行います。また、知っておくと役立つ現地のいろいろな情報、知識などについてもお話しします。

第1回 你好(ニイハオ)!(国語の発音とあいさつ表現
第2回 到哪儿(タオアナル)? ホテルに着くまで、着いてから
第3回 多少钱(ヅォシャオチェン)? 買い物と食事について
第4回 怎么走(ゼンマゾウ)?中国の歩き方 (1)上編
第5回 怎麼走(ゼンマゾウ)? 中国の歩き方 (2)台湾編


いかがです?どの講座も面白そうでしょう?(自画自賛)
申込期間は、「酒と中国文化」「播磨の偉人/異人たち」が9月2日(月) 〜 9月30日(月)、「十二支と年越し(午年編)」「トラベル中国語」が9月2日(月) 〜 11月20日(水)となっております。
たくさんのご応募、お待ち申し上げます。

それから、「イオンタウン姫路」で実施している「まちコミ教室」での講座も、いくつか担当させていただきます。こちらは上でご紹介した獨協講座のプレ講座、という位置づけで、獨協講座で話す内容を簡単に紹介する無料講座です。担当するのは、以下の通りです。

「酒と中国文学」(10/2)

「播磨の偉人/異人たち〜戦国から幕末まで」(10/30)

「十二支の話(午年編)」(11/27)

「トラベル中国語(あいさつと食事編)」(11/27)

詳細な時間や申込み方法などは、時期が近付いたら以下のリンク先に掲載されますので、ご覧ください。

姫路獨協大学特別出張講座 イオンタウン姫路 まちコミ教室


当日参加もできますので、お買い物ついでにでも、どしどしご参加ください。

さて、これから準備をしなければ…

posted by TMR at 21:00| Comment(0) | 講座

2013年04月07日

2013年度獨協講座、募集開始 #姫路

 昨日から日本全国大荒れの天気ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。桜祭りはどうなったのだろう…

 さて、今年度の「獨協講座」春・夏講座の募集が始まりましたので、お知らせします。

 今回は語学講座が英語・ドイツ語・スペイン語・中国語・韓国語・日本語の6か国、計19講座開講のほか、教養講座が春夏あわせて6講座キッズ講座も1講座、あわせて26講座開かれます。私は以下の3つの講座を担当します。
(募集パンフレットより抜粋)

「東アジア三国志‐日・中・韓の交流史−(近現代編)」
19世紀半ば、東アジアに進出してきた欧米列強により、日本・中国・朝鮮の三地域は、激動の時代を迎えます。それまでおおむね安定した関係を保ってきた三地域の関係もまた、それぞれの体制の変化や世界情勢により、激変していきます。20世紀に入ると、日本は大陸支配の野望を露わにしますが、太平洋戦争の敗戦により、その野望は潰えました。その後、三地域は20世紀後半には国交を回復し、友好関係を結びます。しかし、19世紀から三国の間で発生した様々な問題のうち、一部は今も解決されていません。本講座では、日本・中国・朝鮮半島の三地域の近現代の歴史を追いながら、三地域の間にある問題についてお話しします。
 第1回(5/29)  黒船来航〜列強の東アジア進出と開国
 第2回(6/5)   「帝国」の勃興〜日本の大陸進出
 第3回(6/12)  「戦後」は終わるのか〜友好と対立



「トラベル中国語」
これから海外旅行に行って、現地のことばでコミュニケーションしたいけど、ちょっと自信がない、という方のための、実践会話を中心とした講座です。空港、ホテル、ショッピングなどさまざまな場面で役に立つ、実践的な会話レッスンを行います。また、知っておくと役立つ現地のいろいろな情報、知識などについてもお話しします。
 第1回(6/19) 你好!中国語の発音とあいさつ表現
 第2回(6/26) 到哪儿? ホテルに着くまで、着いてから
 第3回(7/3)   多少钱? 買い物の極意
 第4回(7/10) 好吃吗?中華料理のマナー
 第5回(7/17) 再见!実践トレーニング



「中国の怪?談 −アヤしい記録と物語−」
「子は怪力乱神を語らず」−『論語』に見えるこの言葉、つまり孔子は怪異や神鬼などについて語らなかったということです。これは孔子以降の中国儒学者たちの学問や政治に対する態度でもあります。では中国人は本当に「怪力乱神」について語らなかったのか?そんなことはありません。古くから、中国でも怪異譚の類は語られ続けてきました。しかも、その怪異譚に登場する幽霊や妖怪たちは、どこかトボけていたり、間が抜けていたり、カワイイところがあるのです。本講座では、中国の怪異譚に登場するカワイイ?幽霊や妖怪について、紹介していきます。
 第1回(7/31)  神話・伝説の世界−神と鬼のはざま
 第2回(8/1)   記録から虚構へ−六朝志怪と唐代伝奇
 第3回(8/21)  幽霊妖怪大行進−明清の神怪小説
 第4回(8/28)  キョンシーの誕生−中国の遺体搬送術



申し込み方法などは、リンク先をご覧ください。
ご応募お待ちしております。

posted by TMR at 12:31| Comment(0) | 講座

2013年02月03日

カルチャーカフェ獨協「中国の音楽〜二胡の歴史と作品」(予告)

え〜、前回の更新からまたも3か月ほど空いてしまいました…一度サボり癖がつくと、なかなか復帰できないものでして、授業を休んでばかりの学生を叱れません(違)

さて、新年まであと一週間(もう過ぎたって?こっちは「春節」が本番です)、皆様いかがお過ごしだったでしょうか。
もう愛想を尽かして誰も見ていないような気も激しくするわけですが、こっそりと更新。

二胡を習い始めてウン年、今までは家の中と師匠の前ででひたすらギコギコと弾きまくるのみで、人前で弾くのは年一回、教室の発表会のときだけでした。
じっさい、授業でしゃべるのとは違い、人前で二胡を引くのは、恐ろしく緊張します。ですから、発表会以外では人前で弾くことなどまず考えなかったのですが。

が。
本学で数年前から開催している「カルチャー・カフェ獨協」、私も何度か担当し、一部はこのブログでも内容を紹介しましたが、今年度(2012年度)の後期は市民講座が忙しく(3講座はきつかった)、カルチャー・カフェ実施は考えていませんでした。ところが事務のほうから、まだ予算も残ってるし、せっかくこれまでやってきた企画なので、何かやってくださいとのお達し。しかし市民講座でネタは尽き、あれこれ頭をひねってもいい企画は出ず、口から出まかせ的に「じゃあ二胡でもやりましょうか」と提案したら、あっさりと通ってしまいまして、とうとう発表会以外で人様に披露することと相成りました。

来る2月21日(木)、カルチャーカフェ獨協「中国の音楽〜二胡の歴史と作品」やります。
詳細は下のパンフレットをご覧ください。(PDFが開きます)
カルチャーカフェパンフレット130221.pdf

興味のある方は、ブログのコメント欄に「受講希望」とお書きください。申込用紙をお送りします。
さて、これから練習しなければ…
あ、あと耳栓も配る準備しよう。
posted by TMR at 23:16| Comment(0) | 講座