2013年03月16日

上海なう2

上海なう」と言いたいがために、ブログを更新するのもどうか、と思いつつ。

二泊三日なので、今日の昼には宿舎を離れて、学生たちとともに空港に向かうのですが。
研修の引率ということもあり、あまり外出はできませんが、飯時に宿舎周辺をうろついたり、ちょっと地下鉄で街中の書店街まで行って帰ってきたりはしました。…けっこう外出してましたね

近所のスーパーなどで商品を見るのは、中国滞在の楽しみの一つです。最近はあまり日本と変わらなくなってしまいましたが、伝統食品などは健在です。

しばらく前から、食品のパッケージに日本語が使われるようになっています。最初の頃は、日本への輸出用の商品を国内でも売っていたのかもしれませんが、最近では明らかに国内用なのに日本語が書いてあるものもあります。中国語の助詞「」(〜の、〜な)のかわりに、ひらがなの「」を使うのは、すっかり普通に(?)なったようです。
2013031608120001.jpg

コンビニで買ったアンパンのパッケージ。中国語で「味の経典」とある脇に、日本語で「味の極み」と注釈(?)。これは日本のPASCO(敷島製パン)と提携している会社の製品なので、日本語が印刷されていても不思議はありませんが、その他の商品にも「の」を使うものはいろいろありました。

昨日見たものでは、さきいかなどおつまみ系のパッケージ裏に、「万が一問題がありましたら、商品を弊社までお送りください。代品に郵送料をそえてお送りします」という内容の文面が、日本語と中国語で書かれているものがありました。ただし、送り先は中国の会社。日本への輸出品ではないようなので、日本語の文面は、中国でこれを買った日本人向けなのでしょうか。さきいかというのも、中国にはもともとないものですし。買っても食べきれなさそうだったので、残念ながら画像なし。

それから、「山楂餅(シャンジャービン)」という、サンザシの実でつくった薄くて平べったいお菓子。甘酸っぱくて、うちの相方はこれが好物なのですが、そのパッケージ。「酸っぽい酸っぽいび す甘いびす甘いびす 味」…「酸っぽい」はまだわかりますが、「びす」って?
2013031608120001 (1).jpg

ビスケットの略?パッケージ上部にも、同じ文面が羅列されいて、もう呪いかなにかのように見えてきます。相方はどう反応するか…(買ったんかい)
2013031608130000.jpg


そういうわけで、サンザシの呪いを受けつつ(違)、荷造りして帰国の準備をします。夜には「関空なう」でしょう。
posted by TMR at 09:37| Comment(0) | 日々想