2012年08月22日

上海旅行記@閔行区博物館の民族楽器展

「また明日」といいつつ一日あきましてこんにちは。昨日は「孔乙己酒家」で30年物の紹興酒をいただきまして、へべれけになってホテルに戻ったもので。今日の夜には日本に帰る(はず)なので、ぼちぼちと今回の上海旅行のご報告など。
なにか忘れているような気がしますが、気にしない。

さて、昨日の午前は、上海中心部から地下鉄1号線で約30分、閔行区(びんこうく)の「莘庄(しんしょう)」というところにある「閔行区博物館」に行きました。ここは中国各地の民族楽器を収集しており、二胡を習う者として一度は見ておきたい場所です(でも知ったのはつい最近)。ちょうど開館20周年ということで、「楽韻流芳−博物館蔵民族楽器および名家楽器展」が行われていたので、そちらを拝見。

会場は広めの一室のみでしたが、民国時代に活躍した劉天華華彦鈞(阿炳)などの楽器(一部レプリカ)が展示されていたり、中近世の楽器や少数民族の楽器など、非常におもしろいものが展示されていました。阿炳の二胡など、竹を切ったままのような胴に棹をさしてあるだけ、みたいな非常にシンプルなものですが、これで「二泉映月」や「聴松」などの名曲を生み出したのですね。
阿炳二胡1.jpg

阿炳の二胡。写真がボケボケでお恥ずかしい…

とりあえずはここまで。続きは次回のお楽しみ。
タグ:中国 上海 楽器
posted by TMR at 07:36| Comment(0) | 日々想