2012年05月06日

カルチャー・カフェ獨協「ホントにあった?中国のコワい話」第3回「コワい?中国の怪談−明清の怪異譚」 #姫路

 えぇすみません、また間が空いてしまいました。ゴールデンウィークだからといって、どこかに出かけたりということもないのですが、頭の中身は年中ゴールデンウィークなもので、ついうっかり更新をサボってしまいます。

 さて、カルチャー・カフェ獨協「ホントにあった?中国のコワい話」第3回「コワい?中国の怪談−明清の怪異譚」の続きでございますが、そんなわけで準備(話を思い出す)のに少々お時間をいただき、その間、前回紹介した「牡丹灯記」の日本版「牡丹灯籠」の前段を、桂歌丸師匠の名調子でお楽しみください。



…ええ、お楽しみいただけましたでしょうか。では改めて、カルチャー・カフェ獨協「ホントにあった?中国のコワい話」第3回「コワい?中国の怪談−明清の怪異譚」の続きでございます。(さっさとやれ)

 前回は明代の短編集『剪灯新話』から、「牡丹灯記」をご紹介しました。今回は、明の次の時代、清の時代に編まれた短編小説集から、またコワい?話をいくつかご紹介致します。

 清代も俗文学の出版は盛んであり、長編小説では曹雪芹(そうせっきん)の『紅楼夢(こうろうむ)』、呉敬梓(ごけいし)の『儒林外史(じゅりんがいし)』、李汝珍(りじょちん)の『鏡花縁(きょうかえん)』、韓邦慶(かんほうけい)の『海上花列伝(かいじょうかれつでん)』など、さまざまなジャンルの小説が誕生します。とくに『紅楼夢』は、それまでの中国の小説にはなかった、少年少女の恋愛とそれをとりまく大人たちの、さまざまな人間模様が描かれており、数々の続編が作られるなど、大人気となりました。今でもその人気は衰えず、『紅楼夢』を研究する「紅学」というジャンルがあるぐらいです。

 一方、短編小説集もいろいろ出版されました。たとえば蒲松齢(ほしょうれい)の『聊斎志異(りょうさいしい)』、紀ホ(きいん)の『閲微草堂筆記(えつびそうどうひっき)』、袁枚(えんばい)の『子不語(しふご)』(『新斉諧』とも)などです。今回ご紹介するのは、これら短編集に収められた話です。

 まずは『聊斎志異』から、「画皮」。

 太原県というところに、という書生がおりました。たまたま明け方に外を歩いていると、風呂敷包みを抱えたひとりの女がふらふらと歩いているのを目にとめました。急いで追いついてみると、これが二八(=十六歳)ばかりの美しい娘さんではありませんか。

 王さん、これはしめたと、女に声をかけます。
「こんな早くにお一人でお歩きとは、どうしたわけですか?」
 女は最初は王にとりあいませんでしたが、重ねて王が尋ねると、ほっと溜息をついて申します。
「わたくしは欲深い両親のために、さるご大家に売られたのです。ところがその家の本妻が焼き餅焼きで、私は毎朝毎晩殴られどおし、どうにも我慢できなくなって、とうとう逃げ出してきたのです」
 それを聞いた王、「それでは私の家にいらっしゃい。しばらくかくまってあげましょう」と言い、女を自宅に案内します。家人にも知られぬよう書斎に匿い、それからは女と毎晩愉しく過ごします。

 ある日、王は街に出て、市場を歩いていると、一人の道士に出くわします。その道士、王を見るやあっと目をむき、王が最近何に出合ったのか、問い詰めます。王がごまかすと、道士は「世間には、死が目前まで迫っていても、気がつかない者もいるものだ」と言いながら、立ち去ります。

 王は道士の言葉をいぶかしみつつ、家に戻ってきました。すると門にはかんぬきがかけられ、入ることができません。やむなく、土塀の崩れたところから中に入り、書斎に向かいますが、書斎の扉も開きません。何事かと、そっと窓からのぞいてみると、なんと、青緑色の顔、鋸のような歯をむき出しにした一匹の鬼(き)が、寝台に人の皮とおぼしきものを広げ、絵筆で丁寧に色を塗っているではありませんか。やがて塗り終わると、その皮を持ち上げてさっと一振り、体に羽織ると、あっというまに、あの女に早変わり。

 王はすっかり魂消てしまい、がくがく震えながら逃げ出すと、さっきの道士を捜し回ります。町外れのボロ道観でやっと道士を見つけ、かくかくしかじかと訳を話すと、道士は払子をあずけ、寝室の入り口にかけておくよう言い含めます。家に戻った王さん、また書斎をのぞく気にはなれず、言われたとおりに寝室の入り口に払子をかけて、妻と共に寝台で震えておりました。

 夜も更けたころ、寝室の外に近づく足音。あの女がやってきたのです。王がガクガクと震えながら様子をうかがっていると、女は寝室の外で、しばらく払子をにらみつけていましたが、やおら払子をつかむとバラバラにしてしまい、そのまま寝室の扉を押し破ると、まっすぐ寝台の王に飛びかかり、その腹を割くと、心臓をつかみだしていずこへかと立ち去ってしまったのでした。

 この一部始終を震えながら見ていた王の妻の陳氏、王の死に様を見て嘆き悲しみ、例の道士に助けを求めます。道士は鬼の居場所を突き止めると、瓢箪を取り出して鬼を封じ込め、退治します。陳氏、王を生き返らせてくれるようお願いしますが、道士は自分にはできないと断り、かわりに市場にいる乞食にお願いするよう言います。陳氏、市場に行ってみると、汚らしいうえに訳の分からないことばかりつぶやいている乞食がいます。その前に進み出て、王を生き返らせてくれるようお願いしましたが、乞食は陳氏をからかうばかり。しまいに、手のひら一杯に痰を吐き出し、「こいつを食え」と無理強いします。陳氏、夫を助けるためと、必死の思いで飲み下しますが、乞食は笑いながら立ち去ってしまいました。悲しいやら悔しいやら、陳氏は家に戻ると夫の屍体に取りすがり、嗚咽します。と、胸の奥からこみあげてくるものあり、あっと思う間もなく、口から飛び出して王の腹の中に転がり落ちました。見るとそれは湯気を立て、ピクピク脈打っている心臓ではありませんか。陳氏、あわてて王の腹をとじ合わせ、絹布で腹をぐるぐる巻きにします。次の日の夜明け、王はむっくり起きだして、「夢の中にいたみたいだ」とのたまいました。

 …人の皮を被って美女に化けたり、心臓をつかみ出したり、ホラー&スプラッターなお話です。もうちょっと短くまとめるつもりでしたが、どうしても長くなってしまうのは私の文章力のせいでしょう。
 こんな恐ろしげな妖怪が登場する一方で、かよわい?幽霊が登場するお話もあります。それはまた次回の講釈で。
posted by TMR at 09:33| Comment(0) | 講座

2012年05月02日

二胡発表会まであと20日…

 昨日は3週間ぶりの二胡レッスンに行ってきました。
 とりあえず、独奏曲についてはまだ課題は見出されるものの、いろいろアドバイスをいただいて修正し、一安心(いや、安心している場合ではないのですが)
 合奏曲も、なんとかなりそうで、あとは本番まで、時間を見つけてひたすらに練習するのみです(仕事は?)
 で、師匠は先日仕入れで台湾に行かれて、その土産話などもうかがいつつ、今回仕入れてきた二胡を何本か触らせていただきました。…えー、高い二胡はやはり高いだけの理由がありますね。私ごときが弾いても、今の二胡(5年前に15万円で購入)の音色とは天と地ほどの差があります。ここ数年、ボーナスは年々下がり、給料もさっぱり上がらない状況で、正直なところ手元不如意ではあるのですが、この機会を逃すと、いつまたいい二胡を手に入れられることやら、あれこれ悩みに悩んだあげく、42万のを一本、ボーナス払いということで予約してしまいましたとさ。ボーナスが42万も入らなかったらどないしよう…
 ついでに(?)、今の二胡の弦がへたってきたので、新しい弦も買いまして、今日付け替えました。新しい弦にすると、やはり音も張りが出て、いい感じになります。これで夏までは頑張れることでしょう。
…あと20日で発表会か…どうしよう…(練習しろ)
posted by TMR at 00:03| Comment(0) | 日々想