2012年04月18日

七福寄席で落語会 #姫路

 …えー、本日二回目の更新でございます。最近はネタを披露するためにブログを更新するのか、ブログを更新するためにネタを拾うのか、わからなくなってまいりましたが、しばしおつきあいいただきます。

 姫路の繁華街に「西二階町」というアーケード街がございます。江戸時代から参道として栄え、まわりは平屋なのにこの通りだけは二階建ての商家が並んでいたことから、その名がつけられたそうです。近年の大型ショッピングセンターの進出のあおりで、ここもシャッター街となりかけたのですが、危機感を募らせた街の人々が知恵を出し合い、新たな名所を作りました。それが「七福座」というイベントスペースです。

 空いた商店の一つを改装して作った、こじんまりとしたスペースですが、ここでさまざまなイベントを行うことで、商店街全体を活性化しようというわけでございます。近隣の地域で採れた野菜の直売、絵本の読み聞かせ、紙芝居、そして大阪から落語家や芸人を招いての演芸と、多彩なイベントを行っているのです。

 で、今日は「七福寄席」という、大阪から落語家お二人を招いて行う、月一回の寄席の日でした。じつはわたくし、落語は好きでして、とはいっても知ってる落語家は有名どころのみ、知ってる噺も有名どころだけで、このうえなくヌルい落語ファンですが、ここ一、二年は、東京や大阪に行く機会があれば、時間を作って寄席や演芸会に足を運んでおります。

 で、今日はちょうど昼間の時間があいていたので、1時限目の授業が終わるやいなや、西二階町に駆けつけました。アーケードに入ると、あちこちから出囃子の音が鳴り響きます。商店街を挙げて寄席の宣伝をしているんですね。ちょうど開場時間ぎりぎりに「七福寄席」にたどり着くと、すでに20人ほどの人が並んでいます。私もチケットを買って列に並び、入場しました。定員は120人、開演前にはほぼ満席となりました。

 今日の出演は月亭八斗笑福亭仁昇。若手の八斗さんが先に出て、勢いのある話しぶりで会場を暖めます。噺は「動物園」。移動動物園の虎の代わりを務めることになった、どこかヌケた若者の話です。お次は(二人の場合でも「トリ」といっていいのでしょうか)仁昇師匠。こちらはベテランらしく、緩急自在の話術で会場を爆笑の渦に巻き込みます。噺は「手水廻し」。田舎の宿屋の主人たちが、大阪の客の「手水を廻してもらいたい」というのが理解できず…というお話。しかし噺に入る前の、大阪弁にまつわるマクラでもうお腹いっぱいでした。私の斜め前に坐っていたご婦人なぞ、まさにお腹を抱えて二つ折りになって痙攣してましたから(いや、腹痛じゃなくて)。それから、「これ、チャウチャウちゃう?」「いや、チャウチャウちゃうんちゃう?」「ちゃうちゃう!チャウチャウちゃう!」を生で聞けるとは思いませんでした。

 すっかり笑い疲れて、軽い虚脱状態になりつつ、大学に戻りまして、大学院の会議に出席しまして、おかげでまた現実に引き戻されてしまったわけですが。今後も時間がとれれば、なるべく足を運びたいと思いつつ、名古屋に帰ってきたのでした。

 そういえば、名古屋の大須にはかの有名(?)な「大須演芸場」があることを思い出しましたよ。一時期は閉鎖の噂も流れましたが、最近また持ち直したようですね。5月3日、4日には三遊亭円丈師匠の独演会をやるそうなので、行ってみましょうか。
 大須演芸場といえば、古今亭志ん朝師匠が1991年から2001年に逝去するまで、毎年独演会を行っていたそうで、その貴重な録音のCDボックスが出るそうなんですが…高いなぁ…ボーナスが出たら考えよう…
タグ:落語
posted by TMR at 22:18| Comment(2) | 日々想

カルチャー・カフェ獨協「ホントにあった?中国のコワい話」第2回(Part3) #姫路

 昨日のにわか雨で、桜も散ってしまい、花見の季節は終わりました。これからまた暑い夏が来るかと思うと、いまからげんなりしてしまいます。

 さて、カルチャー・カフェ獨協「ホントにあった?中国のコワい話」第2回「怪異と現実のはざま〜記録から創作へ〜」の続きの続きですよ。

 三国時代から南北朝時代にかけて、分裂と混乱の中、人々の価値観は多様化し、それまでタブーとされてきた「怪力乱神」について、積極的に語り、記すようになってきます。そのような話を集めて記した本を「志怪」と呼びますが、これは「怪」を「志(しる)」す、つまり怪異を記録することが目的でした。あくまでも事実として、怪異譚を記したわけです。代表的な「志怪」書としては、『捜神記(そうじんき)』(晋・干宝)、『捜神後記(そうじんこうき)』(晋・陶潜)、『幽明録』(宋・劉義慶)、『博物志』(晋・張華)、『述異記』(梁・任ム)、『神仙伝』(晋・葛洪)などがあります。この中から、いくつかの「志怪」を紹介しましょう。

はるか昔、高陽氏が帝であった時代のこと。兄妹で夫婦になった者があり、帝はこの二人を崆峒(こうどう)の山野に追放した。
二人は抱き合って死んだが、そこへ神鳥が飛んできて、不死草を亡骸にかぶせた。七年たつと、そこから二つの頭、四本の手足に胴が一つの男女が生まれた。これが蒙雙(もうそう)氏である。
(『捜神記』巻十四より)


 高陽氏は顓頊(せんぎょく)のことで、神話に登場する五人の帝王(五帝)の一人です。ただ当時は、五帝の存在は『史記』などにも記されており、史実ととらえられていました。ですから、『捜神記』のこの話も、実在した(と思われていた)古代の帝王に関する実話、として受け止められていたのかもしれません。

 「怪力乱神」が積極的に語られるようになった一方で、儒教的合理精神から、怪異の存在を否定する人もいました。中国語では幽霊のことを「鬼(き)」と呼びますが、その存在を否定する主張を「無鬼論」といいます。

阮瞻(げんせん)はかねてより無鬼論を主張しており、それを言い負かせる人はいなかった。阮瞻はつねづね、この理論は完璧で、幽明を正しく説明できると豪語していた。
あるとき、一人の鬼があらわれ、阮瞻を訪れた。時候の挨拶が終わると、さっそく物の名と理の関係について二人で議論した。
客人には弁舌の才能があった。しかし、最後に鬼神の問題になると、激しい応酬となって、しまいに客人は言い負かされてしまった。すると、客人は怒った。
「鬼神のことは、古今の聖賢が伝えるところです。あなた一人、どうして鬼神が存在しないというのですか?私こそが鬼だというのに!」
そうして客人は異形のものに変わり、すぐさま姿を消してしまった。阮瞻は黙ったまま、苦虫をかみつぶしたような表情をしていた。一年余りして、阮瞻は病のために死んだ。
(『幽明録』・『捜神記』巻十六より)


 無鬼論を論破しようとやってきた鬼が、逆に言い負かされ、逆ギレ?して正体を明かして去っていく、という、なんともマヌケな話です。でも、自分が実在することを、理論だけで証明するのは、じつは難しいことかもしれません。

 さて、3世紀以上続いた動乱の時代は、6世紀の末にが中国を統一し、さらにが隋のあとをついで統一王朝となることで、終結します。隋王朝は、全土から広く有能な人材を集めるため、「科挙(かきょ)」という試験制度を導入します。それまでの人材登用制度は、基本的に有力者の推薦によるもので、情実や賄賂など腐敗の温床ともなっていました。その弊害をなくすため、公平な官吏登用試験である科挙が導入されたのです。唐王朝もこの科挙を引き継ぎ、整備して実施しました。

 ただ、唐代の科挙はまだ完全なものではありませんでした。たとえ合格しても、有力者の推薦がなければよい役職に就くことは難しかったのです。そこで、受験者たちはこぞって自作の詩文などを有力者や試験官に贈呈して、自らの実力をアピールしました。これを「行巻」といいますが、このおかげで、唐代の詩文、とくに詩が目ざましい発展を遂げたという側面があります。

 そしてこの「行巻」が流行すると、ほかの受験者と同じことをしていたのでは目立たないというので、自作の詩文のほかに、物語ふうの文章をつけて贈呈する輩が出てきます。この物語風の文章は、怪異をテーマとしたものが多いという点で、南北朝時代の「志怪」に似ていますが、より物語的になり、虚構の度合いが強まっています。これを、「伝奇」といいます。

 この「伝奇」と呼ばれる作品にはどのようなものがあるのか、それはまた次回の講釈にて。



タグ:講座
posted by TMR at 09:53| Comment(0) | 講座