2012年04月14日

カルチャー・カフェ獨協「ホントにあった?中国のコワい話」第2回(Part1) #姫路

 先日、「バーコードリーダー」を購入しました。いや、レジ係に転身、とかじゃないですよ?
 増殖し続ける蔵書を管理するため(油断すると二重、三重買いは当たり前)、USB接続できるバーコードリーダーでISBNバーコードを読み取り、蔵書管理ソフト(これとかこれ)を使って、リスト化しようというわけ。ためしに10冊ほど読み込ませてみましたが、「ピッ」と一瞬で読み込むと、該当する本の書名から著者名から、必要な情報がたちまち表示されました。これは便利。
 ただ上のソフトで読み込めるのは和書と洋書なので、中国書は手打ちになるのですが。それでも効率がずいぶん上がります。

 さて、カルチャー・カフェ獨協「ホントにあった?中国のコワい話」の続きとまいりましょう。第2回「怪異と現実のはざま〜記録から創作へ〜」でしばしお付き合いを。

 中国の神話・伝説は、春秋戦国時代に諸子百家による分解・変形を受けて、神話としてまとまった形を失った、ということはすでにお話ししました。
 まぁ春秋戦国という時代はまさに動乱の時代、世の中を治めるためには神話や伝説よりも、リアルな政治力が必要だったのでしょう。それを端的に表現したのが、「子は怪力乱神を語らず」という孔子の言葉です。「怪」は怪異な出来事、「力」は暴力、「乱」は戦乱、「神」は神妙不可思議なこと、と説明されます。孔子は、世の中を治めるにはこれらの事を語る必要なない、もっと現実的、合理的な思考が必要だと考えたのです。
 …しかしわざわざこういうことを宣言した、ということは、むしろ当時の人々がこういうことを語っていたことの裏返し、でもあるわけです。

 時代は下り、による短期間の中国全土の統一を経て、漢王朝による再統一が果たされます。漢は孔子が打ち立てた儒教を政治理念としました。これはつまり、現実的、合理的な思考が政治と思想の中心となったので、「怪力乱神」について語ることもなくなった、はずでした。

 しかしいつの世も人間は怪異な世界、神妙不可思議な出来事に惹かれてしまうものです。とくに政治が混乱し、社会不安が増大する時代には。漢(後漢)王朝の末期から、三国時代、そして南北朝時代に至る動乱の時代には、人々は再び「怪力乱神」について語るようになるのです。

 では人々はどのようなことを語ったのか? それは次回のお楽しみ。
posted by TMR at 22:11| Comment(0) | 講座

2012年04月12日

下手の横好き #二胡

 昨日の大雨が過ぎ去って、今日は春らしい暖かな一日でした。まぁ一日家の中にいたので、どのぐらい暖かだったかよくわかりませんが。

 昨日は雨の中、神戸で二胡のレッスンを受けてきました。なんとかコンスタントに時間を作って練習してきた甲斐あって、師匠からは「前回のレッスンよりもよくなった」というお褒めの言葉。いくつになっても、ほめられるのはうれしいモノですね。

 しかし、高音がどうしてもきれいに出ません。爪でガラスをひっかくような音ばかりで、演奏会でやらかせば、ブーイングは必至。やはり自分の技術ではこのあたりが限界か、と落胆してたら、師匠がおもむろに私の二胡を手に取り、仔細に眺めて曰く、「弓の毛がねじれてます。」

 この弓は、前回のレッスンの時に、取り替えていただいたモノです。それまで使っていたのは、毛がかなり減っていた弓の、ですからね)ので、使いやすいのを譲っていただいたのでした。それをいじっているうちに、どうも毛をねじって取り付けてしまったようで。師匠がつけ直すと、あら不思議、高音が伸びやかに出るようになったじゃありませんか。いや、ちょっとしたことで、音色が変わってしまうので、楽器というのはデリケートなものです。

 …問題は、その楽器を使っているのが、デリケートとは正反対の神経の持ち主だってことですな。今後は、できるだけ楽器の状態にも気を使っていきたいものです。
タグ:二胡
posted by TMR at 16:25| Comment(0) | 日々想

2012年04月11日

アメニモマケズ #姫路

 天気予報の通り、今日は朝から雨がザカザカと降ってます。大学の桜は、見たところまだがんばって咲いています。明日は学友会主催の花見が行われるようなので、なんとか雨をしのいで咲き続けてほしいですね。

 さて、某研究会で使う資料を探していて、中国の首都博物館(首博)のサイトに行き当たりました。使う資料に関係しそうなモノが、ちょうど今首博で行われている「回望大明−走近万暦朝」展で展示されているらしいので、見てみたわけです。

 で、上の展覧会紹介ページでは、展示の意義や内容、展示品について説明しているのですが、上の方に「“回望大明−−走近万历朝”网上展馆(点击进入)」(「回望大明−走近万暦朝」ネット展覧会(ここをクリック)」)とあったので、クリックしてみました。

 すると、「UnityPlayer」をインストールせよという指示。リンクをクリックしてソフトのインストールを要求されたときは、下手にクリックすると、たいがいロクでもない事態に陥るのですが、いちおう首都博物館のサイトだからと信用して、クリック。インストールが終わると、あらびっくり、博物館の展示がそのままネットでみられるじゃありませんか。

 それも、単に写真が並んでいるのではなく、マウスとカーソルキーを使うと、順路に従って画面が動き、さながら展示場にいるかのごとく、展示を見ることができるのですよ。(ただし、大部分はCGで作られていて、一部の重要な展示は、クリックすると拡大してみられる次第)
shoubozhanlan.jpg

 こんな感じの画面が、マウスとカーソルキーでぐりぐり動きます。展示品の上に見えるクリスタルっぽい三角錐をクリックすると、その展示品のアップ(これもマウスで動かせる)と、説明文が表示されます。上海万博ののときの「清明上河図」もそうですが、中国のデジタル技術の進歩はすごいですね。

 …で、見たかった展示品は一応見つかったんですが、CGと簡単な説明だけで、ちょっと物足りなかったのでした。
タグ:中国
posted by TMR at 13:22| Comment(0) | 日々想